ロボット ショップ テクノロジア ウェブショップ
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

学習教材(ロボット) > 工作パーツ > BLE無線サーボコントローラ BLEServo基板
商品詳細

BLE無線サーボコントローラ BLEServo基板





■特徴
・Bluetooth Low Enargy (Bluetooth4.0 Smart)
 スマートフォンなどに搭載されているBluetooth Low Energy(Bluetooth4.0、以下BLE)の無線モジュール。2バイトの位置データを送るだけでラジコンサーボをスマホなどから簡単に操作することができます。
・ID切り替え16種類
 本装置は基板上のジャンパ設定でSSIDを物理的に16種類に変更することができ、狭い範囲で複数の測定を行うことができます。BLEの個別識別はたとえばMACアドレス(BLE装置は個別に6バイトの値が割り振られている)で判断するなどもありますが、たとえばiOSの場合はMACアドレスをアプリに渡さないなどありますので、SSIDでの個体識別が確実な方法となります。
・ラジコンサーボをコントロール
 数値で位置を指定するだけでラジコンサーボをコントロール。で500〜2500μSのパルス幅を設定できるので、市販のほとんどのサーボに対応できます。
・iPhoneとの通信
 従来は、Bluetooth2.xや3.x、有線通信で外部機器とiPhoneをつなぐ場合は、Apple社とMFi契約を結ぶ必要がありましたが、BLEからはこの契約は不要になりました。iPhoneでBLEに対応しているのはiPhone4S以上になります。よって、このモジュールはiPhone4S以上のiPhone端末であれば、自由に外部機器を作ることが可能となります。
・Androidとの通信
 2013年8月からAndroidOSでもBLEの正式サポートが決まり、BLEを使える端末が出てきました。AndroidOSでも今後BLEが普及すると思われます。
・日本国内の電波法に準拠
 無線装置を使用する場合はその国の法律に基づいて使う必要があり、日本国内の場合は技術基準適合証明及び認証を受けていない無線機を使うことはできません。本モジュールは日本国内の技術基準適合証明及び認証(通称TELEC)を受けており、安心して使うことができます。
※ご注意
 BLEはよく「ボタン電池で一年間駆動」などのうたい文句がありますが、それは無線以外のすべての電子部品も低消費電力に設計した場合です。本製品は"汎用"入出力の為、低消費電力設計にはなっておりません。(そのかわり、使い方が比較的簡単になっています。) 

■仕様

電源電圧

 +4.5〜15.0V (ラジコンサーボの電源に合わせてください。)

消費電流

 使用する状況に依存 (無線部のみは 待機時3mA、送信時10mA

ラジコンPWM
 パルス幅500μS〜2500μSで設定可能
BT仕様
 Ver4.0 Single Mode (Bluetooth SMART)
無線周波数
 2.402-2.480 GHz
GAPロール
 ペリフェラル
GATTロール
 サーバ
適合
 TELEC, FCC, CE,
寸法/重量
 寸法32x84x9(H)mm 重量:約10g

■寸法図

※本装置は電波で通信するモジュールですので、アルミケースなどの電波を遮断するものに入れての使用はできません。ケースに入れる場合は、ケースの素材を電波を通すもの(プラスチック、木など)にしてください。

■端子の説明
・ID設定:ジャンパ設定によりSSIDを設定します。
・電源:ACアダプタを使わない場合はここにサーボ用電源を接続します。VCCをプラス、GNDをマイナスにつなぎます。
・ACアダプタ:ACアダプタ付きの場合は、付属のACアダプタ(5V2A)をここにさします。ACアダプタをご自分で用意する場合は、2.1φセンタープラスのACアダプタを用意してください。電圧はサーボに合わせます。最大15Vになりますのでご注意願います。
・DI1〜DI5:Digital Input(デジタル入力)端子で5本あります。各端子の状態が変化(HiからLow又は、LowからHi)した時に、BLEセントラルに通知が送られます。
・サーボポート:ラジコンサーボを接続します。”SIG”と書いてある方が信号線(白、黄色、オレンジ、青など)になります。一般的なラジコンサーボの線の色は 白:赤:黒 もしくは 橙:赤:茶 になりますので白かオレンジをSIG側に接続します。尚、ラジコンサーボの場合は逆差ししても壊れないようになっているものが多いです。

■IDの変更
 
本装置はSSID(BLEセントラルから見た場合の名前)が16種類に変えられます。基本は「BLESerial_n」のように表示されます。nは1〜Fまでの16進値になります。ID変更は基板上のジャンパJ1〜J4の設定で行います。
 出荷時は、すべてのジャンパにジャンパピンがさしてあります。さしている状態を「ON」、抜いている状態を「OFF」とします。下の図のように左右をジャンパピンでつなぐとONになります。
  

SSIDとON/OFFの関係は次のようになります。

J1 J2 J3 J4 SSID
ON ON ON ON BLESerial_0
OFF ON ON ON BLESerial_1
ON OFF ON ON BLESerial_2
OFF OFF ON ON BLESerial_3
ON ON OFF ON BLESerial_4
OFF ON OFF ON BLESerial_5
ON OFF OFF ON BLESerial_6
OFF OFF OFF ON BLESerial_7
ON ON ON OFF BLESerial_8
OFF ON ON OFF BLESerial_9
ON OFF ON OFF BLESerial_A
OFF OFF ON OFF BLESerial_B
ON ON OFF OFF BLESerial_C
OFF ON OFF OFF BLESerial_D
ON OFF OFF OFF BLESerial_E
OFF OFF OFF OFF BLESerial_F

■メーカー詳細ページ
http://www.robotsfx.com/robot/BLEServo.html 

商品番号 243-000111-000
商品名 BLE無線サーボコントローラ BLEServo基板
定価 4,000円
販売価格 4,320円
税別価格 4,000円
メーカー 浅草ギ研
送料区分 送料別
配送タイプ 小型
在庫

数量: