ロボット ショップ テクノロジア ウェブショップ
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

学習教材(ロボット) > ロボット学習キット > プログラミング教材 ビュートローバーARM(Beauto Rover ARM)
商品詳細

プログラミング教材 ビュートローバーARM(Beauto Rover ARM)



■特徴

最新32 ビットARM マイコン「LPC1343」を搭載
・CPU ボード「VS-WRC103LV」に、NXP セミコンダクターズ社製のCortexM3 コアを採用した、ARM マイコン「LPC1343」(72MHz)を搭載。VS-WRC103LV はLED、モータ、センサ入力を備え、単体でもプログラミング学習が可能。
 また、HID準拠のため、自動的にドライバがインストールされるので、USBポートに接続するだけで、すぐに使用することが可能。昇圧電源回路を内蔵することで、2本の単3乾電池で駆動が可能。

2通りの方法でプログラミング学習ができる
 ビュートローバーには、専用プログラムソフトウェア「ビュートビルダー2(Beauto Builder2)」が付属されています。このソフトウェアでは、前進・旋回やセンサ入力による分岐などのブロックを置いていくだけでビュートローバーを制御することができ、フローチャートを用いプログラミングの概念やアルゴリズムを学習することが出来ます。

 

 命令ブロック例                       フローチャート式のプログラミング

 センサ情報をリアルタイム表示             複雑なプログラミング

C言語学習には、無償の開発環境LPCXpresso や、デバッガとしてLPC-LINK が利用でき、弊社が公開するサンプルコードや、入門向けのテキスト(2011年出版予定)を用いて、簡単にARM マイコンの組み込みプログラミング学習が行えます。作成したプログラムの書き込みも別途開発ツールを用意する必要はなく、付属のUSBケーブルで接続することで、書き込みが出来ます。


組み換え自在、ものづくり教材
 メインフレームは5mmピッチのユニバーサルプレート状になっているため、センサ位置の変更や新たな部品の取り付けなどの改造が容易、様々なロボットに組み換えることが出来ます。ギアボックスには、タミヤ製ダブルギアボックスを採用し、4通りのギア比に組み換えが可能。また、多彩な拡張パーツによりレスキューロボットや全方向移動ロボット、無線操縦ロボットなど競技会用ロボットへ容易に拡張する事が可能。

 
   
 IO拡張ボード、8連赤外線センサなど多彩な拡張パーツを容易  ユニバーサルプレート上のメインフレーム。
センサの追加などの改造が容易に行える


・ARMマイコン搭載CPUボード「VS-WRC103LV」
  「ビュートローバーARM」に搭載されているCPUボード「VS-WRC103LV」は、NXPセミコンダクターズ社製ARMマイコン「LPC1343」を搭載しC言語でプログラミング学習ができるマイコンボードです。2chの車輪制御、4chのアナログ入力、LED・ブザーなどの基本機能に加え、オプションの無線コントローラ「VS-C1」を簡単に接続可能など、多機能な仕様になっております。

 
 ・寸法:51x46x12(mm)
 ・重量:13g
 ・CPU:LPC1343 (動作周波数:72MHz)
 ・メモリ:ROM 32KB、RAM 8KB
 ・DCモータ出力:2ch
 ・LED:2個
 ・PCとのインターフェース:USB
 ・アナログ入力:4ch
 ・ブザー:単音出力搭載(音階・音量可変)

■仕様

サイズ(mm)
長さ × 幅 ×高さ
130mm×112mm×57mm
重量
約200g
電源
単3乾電池×2本(別売)
CPUボード仕様 ヴイストン製VS-WRC103LV
NXPセミコンダクターズ製 ARM CortexM3 LPC1343 (32ビットマイコン)
モータ出力 DCモータ×2(本体駆動用×2)
タミヤ社製ダブルギヤボックスが付属
センサ入力 赤外線距離センサ×2
(アナログ入力センサ×最大4まで増設可能)
他出力 LED×2(オンボード)、圧電ブザー×1(オンボード)
ソフトウェア ビュートビルダー2(CD-ROM同梱)
インタフェース USB接続(HID準拠)
その他付属物 CD-ROM(説明書・ソフトウェア)、USBケーブル
※仕様は今後予告なく変更する場合がありますのでご了承ください   

(ビュートローバーARMの場合、CPUボードが「VS-WRC103LV」(赤色)になります)
■拡張オプション
・I/O拡張ボード「VS-WRC004LV」 3150円(税込)
 
 VS-WRC004LVは、VS-WRC103LV及びVS-WRC003LVの空きポートに接続するI/O拡張ボード。モータ出力4ch・アナログ入力3chを備えており、VS-WRC103LV(VS-WRC003)本体とあわせて、DCモータ出力6ch・アナログ入力7chまでI/Oを使用することができます。そのほか、VS-WRC003LV対応のルネサスエレクトロニクス社E8a(オンチップデバッギングエミュレータ)やエンコーダ基板用のポートがあります。
 ※本製品は、基板本体にピンヘッダ、コネクタが実装されていません。お客様の用途に応じて別途半田付け作業が必要です。

・エンコーダ拡張セット 2,625円(税込)
 
エンコーダ搭載で、ロボットの速度や動作距離の測定が可能。
※エンコーダ拡張セットを使用するためには、VS-WRC004LVが必要。

・ローバー用 無線操縦セット 6,300円(税込)
 
ロボット専用無線コントローラ「VS-C1」と接続用コネクタのセット。

・赤外線センサ(1個) 525円(税込)
 
障害物やライン、床の検知が可能。
※製品には2個付属されています。

・8連赤外線センサボード「VS-IX010」 4,620円(税込)
 
 IXBUSに接続できる、8 個の赤外線センサを搭載したセンサボード。ラインを外れに難くなる、直角コーナーの検知し易くなる、など高度なライントレースが可能。
 本ボードではCPUボードのアナログ入力ポートを使用しない為、その分アナログ入力ポートをその他のセンサの搭載に振り分ける事が可能。


・大出力モータアンプボード「VS-WRC006」 6,930円(税込)
 
 最大16V・41A(FET 最大値)までの出力の大きなモータを駆動出来るようになります。380タイプモータ、540タイプモータなど、ビュートローバー用モータ以上に出力の大きいモータを使用する場合は、必ずご使用ください。


商品番号 4562179393391
商品名 プログラミング教材 ビュートローバーARM(Beauto Rover ARM)
定価 6,000円
販売価格 6,480円
税別価格 6,000円
メーカー ヴイストン
送料区分 送料別
配送タイプ 小型
在庫

数量: